中年になって目覚めたスキンケア

中年と呼ばれる世代になってきた私の主人。最近の男子であれば「日常的に自分の肌のお手入れをするのは当たり前」という人が多いと思いますが、主人の世代は「男はそんなこと必要ない」という考えの人が多いよう。
もともときれいな顔立ちで、つるつるのお肌の持ち主だったのですが、やはり歳には勝てず・・。髪に白髪がちらほらと目立つようになってきた最近、何も顔のお手入れをしていないうちに、よくよく見るとシワやシミが目立つように。「主人にはいつまでも素敵な姿でいてほしい」という思いから、私からスキンケアについてアドバイスするようになりました。最初はあまり必要性を感じていなかったようで聞き流していた主人も、何度も話を聞くうちに鏡で顔をじっくりと観察する姿が見られるように。すると自分でも気になり出したようで、「何から始めたらいいのか」と聞いてくるようになりました。
実行したのは、まずは正しい洗顔。女性と男性では肌質が異なるのかもしれませんが、私と同じ乾燥肌で敏感肌の主人。私が使っている洗顔料でモコモコの泡でやさしく洗い、洗い上がりはタオルでこれもやさしく水分を拭き取るように。それまでゴシゴシと顔を洗い、さらにゴシゴシと拭き取っていた主人にとっては、これだけでも衝撃的だったようです。次にこれも私が使用している化粧水やシミ用美容液で、しっかり肌を保湿してかつ悩みのシミ対策。お手入れ後の肌がしっとり潤って、手のひらに吸い付くような感触に驚いていました。
このお手入れを始めて3か月。ざらついていた肌が明らかになめらかになり、数か所できていたシミも輪郭がぼんやりとしてきて薄くなり始めています。効果を実感した主人は、今では自分で男性用の化粧品を買い揃え、何も言われることなく自分でスキンケアに励むようになりました。「こんな姿は絶対に他の人には見せられない・・」と思いますが、見ていてどこか微笑ましく笑ってしまいます。
やはり主人にはいくつになっても自分の肌に関心を持ち、若々しくいてほしいと思っています。